2006年11月28日

ルスラン カラエフ

112506-4.jpg

来月頭12/2 K1 World GP 2006決勝大会に出場するルスラン・カラエフ選手が伊原道場にやってきた。対戦相手は極真空手から駆け上がってきたグラウベ・フェイトーザ。

公開練習の三日後に道場に足を運んだが、ルスランの体格とは裏腹にすばやい動きに息をのんだ。ルスランの分厚い胸筋で逆三角形の体格や高い身長を見ると明らかに重そうであるが彼のフットワークは非常に軽い。いつしか、道場生や関係者が彼の練習を見ようと集まる。

スパーリングの相手をした嚴選手は彼のツカミ所のない変速移動にパンチの焦点が合わずかなり苦労していた。さらに、ルスランからの強烈なボディーブローやワンツーで嚴選手の動きが徐々に鈍くなる。(写真下)

112506-1.jpg

しかしスパー後、嚴選手はルスランというすばらしい選手とスパーが出来たことへの充実感と喜びで万遍の笑みでいたのが印象的だった。なかなかヘビー級クラスの選手がいないからだろう。

その後も伊原会長の細かな教授に耳を傾け最終チェックを試みるルスラン。(写真下)途中、ルスランの強烈なキックでサウンドバック上の鎖が一つ外れるなど並外れたパワーで皆を驚かせる。

112506-2.jpg

練習後、著者が撮影していたビデオカメラで入念にチェックするカラエフと嚴選手。(写真下)

112506-3.jpg

また、ルスランは日本語が上手かった。帰り際、積極的に

「ねえ、ビデオをDVDでコピーしてくれる?いつでもいいよ」

と話してくるなど実に飾らない愛嬌のある彼だった。

12月2日是非皆さんTVをご覧下さい。

112506-5.jpg
posted by 伊原道場 at 21:38| その他