2007年02月28日

海外遠征

先日、顔色一つ変えず

「僕のプロフィールの趣味、ピアノって変えられるっすか?」

となかなか洒落たことを言って来る選手がいた。しかし!!切れ長の剃刀のような目、鍛え抜かれた分厚い筋肉、怖そうな丸刈り。その溢れんばかりの威圧感、闘争心、オーラを持つ彼から発っせられた言葉に息をのむ著者であったが、その後、額に「中」を書けなどと道場生になじられている彼を見ておおよそその真意が読み取れた。

そう、今日ご紹介するのは他でもない、この類稀なる才能を持つ喜多村誠選手だ。以前の試合詳細をご覧いただければお分かりかも知れないが彼は顔色一つ変えずユニークな事をするパフォーマーだ。

kita022807.jpg

そんな喜多村選手は去年韓国で一戦を交えたので遅ればせながらその海外遠征のご報告をしたいと思います。お相手はベテラン34才のキムジョンソン。地元格闘誌によると1Rヒザ、ワンツー、ボディーと新兵喜多村の攻撃が目立ち2Rではさらにその勢いがローキックを交えて厳しいものになったそうだ。さらに新兵のヒジは老兵をカットしTKOとなったと伝えている。結局新兵喜多村が若さ溢れる試合で2RTKOで勝利を収めることとなった。(公式記録には載らない)

2kita022807.jpg

そんな彼は5戦4勝1分と今順調に駆け上がってきている。彼は九州出身で大学時に空手をやっていたが卒業後どうしてもキックがやりたくてわざわざ上京して来たそうだ。来月3月11日には強豪日本ミドル級2位の山崎銀次郎選手と戦うことになるのだが、是非このまま突き進んでほしいと思っている人も多いことだろう。

皆さんMAGNUM13で是非!!応援宜しくお願い致します。




posted by 伊原道場 at 13:58| その他

2007年02月27日

ATTACK-4 試合結果

2007年2月25日(日)に行われたATTACK-4の詳細内容はこちら
posted by 伊原道場 at 11:24| 試合結果2007

2007年02月23日

チビッコキック(映像編)

ぴかぴか(新しい)夢見る少年少女、お父さんお母さん必見!!

先日お伝えしましたチビッコキックの練習模様を映像化しましたのご覧下さい。

映像はこちら(注;若干容量が重いのでクリック後しばらくお待ち下さい。)
posted by 伊原道場 at 00:48| チビッコ

2007年02月20日

ボディープラス

ぴかぴか(新しい)女性必見!!先日健康や美容をテーマにした雑誌ボディープラスのモデル、ケリーさんが伊原道場でフィットネスの取材を行いました。その模様は今月号のボディープラスで掲載予定でありますので是非ご覧下さい。

そして美しいプロポーションや体作りとして伊原道場を是非ご利用下さいませ。
posted by 伊原道場 at 23:16| その他

2007年02月16日

ラジオ日本

伊原会長がラジオ日本(1422KHz)毎週土曜日夜中24:30〜25:00に放送されている「マネースポーツ」の収録を行いました。ご興味のある方お聞き下さいませ。

ラジオ日本(1422KHz)
「マネースポーツ」
2月24日土曜日夜中24:30〜25:00



posted by 伊原道場 at 12:17| その他

2007年02月12日

2007年SKB興行一覧

2007年SKB興行一覧を追加致しました。

2/25(日) ATTACK 4    ディファ有明
3/11(日) MAGUNUM 13   後楽園
4/8 (日) スーパーキック  市原臨海体育館
4/22(日) TITANS NEOS 後楽園
5/20(日) BRAVE HEARTS 5 後楽園
6/24(日) 勇者の挑戦 PartVIII ディファ有明
7/22(日) MAGUNUM 14 後楽園
8/5 (日) 八王子革命〜第4章〜 八王子
9/2 (日) BRAVE HEARTS 6 ディファ有明
10/21(日) MAGUNUM 15 後楽園
11/未定 激闘   横須賀潮風アリーナ
11/18(日) ディファ有明
12/9(日) SOUL IN THE RING V 後楽園
posted by 伊原道場 at 22:37| その他

2007年02月07日

MAGNUM13 カード発表

3月11日に開催されるMAGNUM13のカードが発表されました。

詳細はこちら
posted by 伊原道場 at 11:05| その他

2007年02月02日

今年の後藤龍治

去年、突然決まった後藤龍治対ラムソンクラークのラジャでの試合結果は惜しくも3R/TKO負けでありました。

内容はTKOだからヒジによるカットか何かドクターストップになったのだろうか?と尋ねると

2gotu020207.jpg

「いや違うんですよ!!首相撲をやらなかったらレフリーに止められて・・・・」

ムエタイルールには首相撲を跳ね除けていると良くない印象を与えるだけでなく致命的なジャッジをもらうということが判明した。後藤選手はそれまでキックやパンチでかなり有効な状態で、首相撲をなるべくやらずにきっと離れたところから仕掛けたかったのだろう。しかしそれが首相撲を避けているとみられTKOとなったそうだ。

同じキックとパンチを操る競技でもルールが少しでも違うと本当に難しい結果になることが分かった。ムエタイの試合に挑む選手は事前にルールをしっかりと把握することが重要なのだと。

わーい(嬉しい顔)後藤龍治の秘話

後藤選手は大阪出身ということもあってコテコテの人情味溢れる会話好き、酒好きのキャラクターだ。一を問えば十返ってくるなど話題がつねに絶えることがなかった。ラムソンクラーク戦であばら骨を痛めた彼はこんなことを言った。

「土屋(修平)が1月21日の興行前の練習で俺のあばらに見事キックを入れやがってね、ブツブツブツ・・・・。」

その結果土屋選手は見事その興行でキックを中心としたすばらしい勝利を収めたのだがその陰には後藤選手の涙ぐましい犠牲が・・・・。確かにあの興行の土屋は何か随分とコツを掴んだキックだなぁと思う著者であったが、土屋のあのキックというアイテム習得の代償には後藤選手のあばら痛めがあったのかと納得できる部分もあった。

gotu020207.jpg

そんな話しの後も後藤選手はパフォーマー喜多村選手の相手で壮絶なスパをこなすなど後輩想いの彼は快く面倒をみている。そして喜多村選手と今月25日に試合を控えている内山選手と三人で練習後の反省会をしに夜の町えと消えて行った。

その他、後藤選手はオランダにコンビネーションを学びに、タイにはキックを、そしてアメリカと海外修業の話しや今までのタイトル獲得への経緯など実に沢山の経験談を話してくれた。とにかく後藤選手は様々な強豪と一戦を交えてきた濃いキック人生なだけにいつかまたその詳細をお伝えできればと思う。

4月にはTITANS NEOSに参加予定の彼は今年始めにこんな事を言ってくれていた。

「今年は一皮むけた自分を見てください!!」と。

そんな後藤選手の一つ一つの練習には去年とは違う何かが見受けられた。30前半の彼のキックへ向けた情熱は冷めるどころかますます燃え盛っている。

今後の試合が楽しみでしょうがない。



posted by 伊原道場 at 19:00| 後藤龍治