2007年08月20日

ダイエットへのヒント!?

先日までエネルギー消費量について書いてきましたが著者自身は理論的なカロリー計算に幾つか疑問があります。そんな疑問を悶々と抱いたまま先日道場に行った時、その道しるべをして下さった選手がいました。首相撲で体のバランスを鍛える事の重要性を解く(説く?)兼子選手でした。兼子氏は本業で体を扱うため、さすが非常にこの手の話に詳しく自分の見解を沢山持っていました。そんな兼子氏によると体を扱う業界では理論的なエネルギー消費量はあくまでも理論で全部がその通りにあてはまらず、あまりそれに固執しないということでした。例として分かりやすく説明してくださったことは同じ100kcalでご飯と鶏肉を食べたらエネルギー消費量や吸収が違うということでした。

063007_4.jpg

そこで、今日は食事について少し考えてみようと思います。減量には運動も重要ですがなんと言っても摂取量=食物が大きく影響することは誰もが知っていることでしょう。でも、意外と知っていてもついつい誘惑に負けて実行できないこと、実践しないことがあると思います。

私事で恐縮ですが、健康診断で肝脂肪かも?と診断されてから食べ物に気をつけるようになりました。特にGI値(炭水化物による血糖値の上昇を相対的な比率で数値かしたもの)が高いものを食べないようにしたことです。ご飯大盛り大好き、炭水化物大好きな自分にとってこれはかなりきつーいことでした。初めの1週間はかなり、おむすびに手が伸び、自分との葛藤でしたが、心を鬼ににして野菜・肉でお腹を満たすようがんばりました。ところが1週間を過ぎてからいつの間にかご飯を食べなくても平気でいられる自分がいて嬉しくなりました。こうなると後が楽です。

人間、慣れるとはすごいものだと。良いことで慣れるのは良いですが悪いことに慣れるというのは本当に悪いことだと。食事だけに限ったことではありませんよね。

さらに野菜と肉の生活に飽きた著者は主食に玄米を取り入れました。兼子氏曰く、「玄米は一粒が栄養剤みたいなものなんだ。玄米を食べ始めてから僕は風邪をひいたことがないよ。」(兼子氏は自分のブログでも玄米について熱く語っています。)ただ、ちょっと白米より値段が高いのが気になりますが・・・・さらに兼子氏は「それに低GI値の食物は消化が遅いから胃腸の調子が良くない時は避けたほうがいいね。さらに、腸にも溜まりやすいから悪いものが体に周りやすいよ。そこで玄米なんだ!!これはとにかく栄養もあるし食物繊維もあるしね。」

低GI値を摂取することで良かったことは、比較的今までと変わらない食事量を維持できること。今まで比較的量を食べる人にとっては、やりやすいダイエット方法かもしれません。あと、若干歯ごたえは異なりますがご飯の代わりに玄米を食べることができるということでした。

さあ次回はGI値についてや食べ物について考えてみます。皆さんの日常の食生活に直に関わることですから興味ある内容かもしれません。これを機会にバランスの良い食事について考えてみませんか?
posted by 伊原道場 at 22:09| 減量とダイエット

2007年08月11日

最新ランキング

2007年8月8日発表時の伊原道場(新日本キックボクシング協会)の選手ランキング

パンチ日本フライ級
池田茂由 第3位
吉川靖  第7位

パンチ日本バンタム級
深津飛成 王者
田中義人 第4位

パンチ日本フェザー級
菊地剛介 王者

パンチ日本ライト級
石原裕基 第3位
中尾満  第6位

パンチ日本ウェルター級
タカオサミツ 第1位

パンチ日本ミドル級
喜多村誠 第6位

パンチ日本ヘビー級
嚴士鎔 第1位
posted by 伊原道場 at 19:37| 最新ランキング

2007年08月05日

MAGNUM14の試合結果(その2)

MAGNUM14の試合結果(その2)はこちら
※その1はこちら
posted by 伊原道場 at 14:33| 試合結果2007