2009年12月31日

日本プロスポーツ大賞2009

DSC_7064.JPG

2009年12月25日(金)に日本プロスポーツ大賞の受賞式が行われた。
第一線で活躍している選手、長年に渡って貢献しているスポーツ界の重鎮に送られるプロスポーツ大賞。今年は日本フェザー級王者の蘇我英樹選手が功労賞、日本ウェルター級王者の緑川創選手が新人賞として授与された。そして緑川選手の大先輩でもある藤本ジムの会長、藤本会長も文部科学大臣顕彰を受賞された。同時に東北楽天ゴールデンイーグルス名誉監督の野村克也氏、元関脇高見山の渡辺大五郎氏も文部科学大臣顕彰を受賞された。またこの賞は昨年、プロ野球ソフトバンクホークスの王貞治さんが受賞したことなどから極めて栄誉ある賞であることがお分かりであろう。さらに1969年と1985年には功労賞も授賞されている藤本会長は常にキックボクシング業界の見本となる存在となっている。

国が認めた唯一のキックボクシングの団体、それは新日本キックボクシング協会。上記のあまりに大きな功績は現役選手の誇りだけでなく、会長方々、ファンの皆様、新日本キックに関わる皆様の誇りとなることでしょう。

本当におめでとうございます!!

DSC_7085.JPG

DSC_7156.JPG

新人賞を受賞した日本ウェルター級王者の緑川創選手。

DSC_7197.JPG

功労賞を受賞した日本フェザー級王者の蘇我英樹選手。

DSC_7329.JPG

文部科学大臣顕彰を受賞された渡辺大五郎氏(元関脇高見山)、藤本勲氏、野村克也氏

DSC_7356.JPG

posted by 伊原道場 at 01:35| その他