2011年08月17日

江幡塁王者 インタビュー第二弾

IMG_2114a.JPG

Q.どんな将来のビジョンがあるの?

塁:ムエタイタイトルをとって日本でもっと盛り上げたいです。
僕は祭りというか盛り上げることが好きなんです!!


Q.どんな悩みとかあるの?

塁:細かいことはありますけど、基本的に前向きにマイナスに
考えません。前向きに目標に向かっていくようにしています。
僕は以前の弱い自分のとき悩んでいると周りが気になって
あっち行ったりこっち行ったりしていました。
でも今はベースにキックがあります。それを通じてしっかり物事を
見定めたいと思っているんです。


Q.友達とは何して遊ぶの?

塁:僕は田舎によく帰るんですけど、よく男友達と20人ぐらいで
キャンプしたり寝ず遊んだりするのが好きなんです。


Q.尊敬する人って誰?

塁:やっぱり伊原会長です!!

Q.減量はきつくない?

塁:あまりきつくありません。結構自分で管理しているので
いろいろな知識も勉強しましたんで。


IMG_2093a.JPG

Q.さすがだね。しっかり自己管理できているんだね。

塁:基本、次の日の練習が頭に
あってそのためにいろいろ食事管理しています。


Q.塁君のブログ見ると本当に食べ物が好きだよね。何が好きなの?

塁:僕、以上にヨーグルトとアップルパイが好きなんです!!
それと食べることがとにかく好きです。量より食べたいものに
興味があります。


Q.最後に応援下さっているみなさんにメッセージ

塁:いつも応援本当にありがとうございます!!
これからもどんどん突き進んで行きますので
江幡兄弟の応援宜しくお願いします。



江幡塁ブログ
http://ameblo.jp/champ-rui/
お兄ちゃん睦ブログ
http://ameblo.jp/mutuki-ebata/

所感:何人かのチャンピオンにインタビューしてきた著者にとって王者になる選手の特徴が一つ分かった。それは「素直に聞き、受け入れて消化する」ということだ。会長の教えを迷うことなく素直に聞き受け入れ精進している様子だ。人は迷いがあるとき大体は上手くいかないもの。江幡兄弟を見ていると迷いのない一直線で晴れ渡った心を感じるのは私だけだろうか!心技体とは本当によく言ったものだ!!技体を動かすのは心。その心が駄目なら技体だって駄目。当たり前なことなのになかなかそれが出来ない。私も何事も素直に聞き、受け入れてしっかり消化しながらがんばろうと思った。
IMG_0145.JPG
posted by 伊原道場 at 08:24| インタビュー

2011年08月13日

週刊大衆に掲載

江幡兄弟が現在発行中の週刊大衆の最後の方ページに掲載されています。

コンビにか本屋さんにGO!!

DSC00078a.JPG
posted by 伊原道場 at 16:50| 江幡兄弟

2011年08月09日

江幡塁王者 インタビュー第一弾

先日見事兄弟で王者防衛を果たした弟塁選手にヒーローインタビューを行いました。今回の防衛によって暫定王者から文句なしの真のチャンピオンとして頂に登った塁選手に気持ちよく話を伺うことができましたのでご覧ください。

DSC00083.JPG

Q. タイトルマッチはどうでしたか?

塁:いや〜まだウォーミングアップしてなくてグローブもつけていないときにリングで名前呼ばれちゃって慌てました!!なので1Rは非常に固くてだんだん調子が出てきた感じでした。それに古岡大八選手とは面識が結構あって、お互いがんばろうねって言っていたんです。でもこんな早く対戦するとは思っていませんでした。

Q. 気まずかったですか?

塁:それはなかったです。勝負事ですから。

Q. 1Rから闘志向き出しのギンギンに見えたからとても面識があるようには。。。

塁:なんかすごく興奮していたんだと思います。

Q. 塁君は一回目のベニー選手とドローの後から見違えるように変わったよね。
あのときドローでもリングを叩きつけるような悔しさを表していたのが強烈に印象に残っているよ。

塁:タイに2週間ほど修行に行ってラジャで試合してKO勝ちしてから変わりました。

Q. タイでパンチやキックがすごく勉強になったの?

塁:いや技術より実はメンタルですごく強くなったんです!!

DSC00082arui.JPG

Q. え!?どういうこと?

塁:僕甘えん坊というかいつも睦(兄)とかお母さんが周りにいて頼ってばかりいたんです。それでいざ単身タイに行ったら何もなくて何も頼るものがなかったんです。本当に食べ物一つにしても大変で言葉も通じない。本当につらかったんです。しかも、知っているタイのジムに行かず僕を知らないジムに行ったものだから余計に。そして、ムエタイ選手をKOすることができてなおさら思ったんです!!

あのつらさを経験したら俺は恵まれている日本でだったらなんだって出来るんだ!!って。それからすごく自分に自信が出ました。そしたらパンチとかキックにもそれが現れたんだと思います。しかも最近試合の時スイッチが入るんです。


Q.おじさん涙出るよ。そういう話聞くと。そんなことがあったんだね。。。。
精神的なものだけだったんだね。心技体っていうけど心が変わるだけで技術も体も本当に大きく向上するものなんだね。今塁君の話聞いてよく分かったよ。しかし、睦君がチャンピオンになった後大変だったでしょう?それ外からみていてすごくよく分かったよ。道場の人はすごくその辺気を使っていたよね。会長なんかも。

塁:それがすごく僕にも分かったんでそれも非常につらい部分もありました。でも道場では守られているから良かったけど外に出ると余計に。。。。
チャンピオンの兄と挨拶周りに行くときなんか本当に「弟さんもがんばらなきゃね」って露骨に言われると。。。。睦は19歳でベルトとったから僕は少なくとも20歳で取らなきゃって思って焦っていました。


Q.それがあの一回目対戦のベニー選手でドローでもすごく悔しがっていた頃だよね。

塁:そうなんです!僕はいつも兄の真似や一緒に同じことばかりしていましたから。そしていつも兄と比較ばかりしていました。でも今は違います。自分は自分だって。タイに行って分かったんです。

Q. なるほどね〜〜。しかし僕が江幡兄弟を見たのはいつだっけなぁ?5年前ぐらいかな。土浦から白に赤い線が入ったジャージ来た少年がたま〜に来ていたよね。あの頃からずいぶんとがんばってすごい環境が変わったよね。ところで、睦君とは違い、塁君は結構話好きだね〜。睦君はあまり話さないところがクールでかっこいいけど同じ双子でもこうやって話すと全然性格が違うね。本当に面白いなぁ二人は。

ところで、今後誰とやりたい?

塁:やっぱりタイ人ですね。
キックやる時、伊原会長との約束があったんです。
ムエタイチャンピオンになるっていう。



第二弾は後日!!お楽しみに!!

IMG_2119a.JPG

posted by 伊原道場 at 08:01| インタビュー

2011年08月06日

アスリートの社会進出

兼子ただし

よく「どうしたらそんな儲かるんですか?」と聞かれるけど
「そんなこと聞いてくる人は儲からない」と思いますよ。儲けようとしたら儲からないですよ。人のためになること考えなきゃ!そうすれば自然とお金はついてきますよ!!よく「人のために仕事すれば」ってきれい事いうけど本当にそれじゃ駄目です!


アスリートが社会進出してさらに成功していくすべについて現在キックボクサー2位の前にSSS社長である兼子氏が素晴らしい人生哲学を語っていただきましたのでまた紹介しましょう。アスリート必見!!というのも塁王者のインタビューをしていた時に偶然通りすぎた兼子選手からまたこの特集記事が生まれたんです。なぜか前もそうだったように現在の若者の記事を書こうとすると必ずフラッと現れる今年10月で40歳の兼子選手。

なんでアスリートほど体力的にも精神的にもポテンシャルの高い
人間が社会であまり活躍しないんだって思いますよ。
だいたいチャンピオンだってオリンピック選手だってプロ野球選手だって
あんなけの偉業が出せる人がなんで社会進出したらただの人なんですか!!
おかしいでしょ?

僕はそういう人は自分がやってきたことを普通の人が分かりやすいように
プレゼンテーションするとか説明するとか他の形で民生用におろすように
すれば生き残っていけると思うんです。でもそういうことを彼らは出来ない。

アスリート達ほど体や命かけている人が政治家になればいい!!
総理になればいいと思う!!
高橋尚子選手だってすごいじゃないですか!!国宝級ですよ!


兼子ただし

そうこれはアスリートだけではなくいろいろなジャンルの人でもいえていることですが何かに長けている人はとかくそれらを隠すように教えない人がいます。
また技術だけ磨いていることが好きなマニアや研究家も教えようとしない。
それでは世の中がよい方向でさらなる発展はしないでしょう。

職人の世界が今淘汰されているように見て盗めというのは今の時間的拘束される情報社会や生活感では継承しにくい文化だと思います。だからどんどん専門家は「人のため」に普通の人たちに「言葉を持って」伝えるべきなのですがそれが出来ないという理由や面倒くさいという理由や秘密にしたいという理由で継承しない。

でも兼子氏の話を聞いているとちょっと違います!!人のためになるような、人々が発展できるような、そんなポテンシャルの高いノウハウを伝えることをビジネスとして還元する形は今のアスリートにとってとても必要な事ではないでしょうか!ましては今後の日本は大変です。アスリートの方達が第二の人生に向けてもっと勉強し、社会に進出し、日本の活性化に力を注ぐべきなのではないでしょうか!

自分が突出した何かを持っていたらそれら形を変えて普通の人に伝えればいい。そこにビジネスチャンスがあると思いますよ!!

兼子ただし

http://ameblo.jp/ssskaneko/
http://www.sss-groupjapan.co.jp/
posted by 伊原道場 at 07:55| 兼子ただし