2019年10月23日

MAGNAM51 第9試合 スペシャルメインイベント ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級タイトルマッチ 5分5R サオトー・シットシェフブンタム VS 江幡睦

ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者
サオトー・シットシェフブンタム(泰国)
VS
ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級7位/WKBA世界バンタム級王者
江幡睦

ドロー 48-48 サオトー防衛


73098388_2407636129487490_2022422798865006592_n.jpg
75279197_2145723022388292_7879895709636362240_n.jpg
74881531_551970688888102_7416402054735724544_n.jpg
72763284_396390447953081_2401080241100423168_n.jpg
74670747_410871899577883_4688569768431583232_n.jpg
72956511_600293897378181_8389702701264404480_n.jpg
72644584_498817657374495_8938695797680111616_n.jpg

1R、江幡がローキックを中心に攻める。一方サオトーは様子見といった感じ。江幡のボディからのコンビネーションがさえわたり、2度サオトーをロープにおいつめたところで、1R終了。

2R、フロントキックの相打ちからスタート、強烈なキックの応酬となり、サオトーのハイキックが江幡を襲う。一方、江幡は1R同様にローキックと、コンビネーションパンチで押し込もうとするものの、サオトーは距離をつめての肘を狙うという展開で2R終了。

3R、距離をとってローやミドルを狙う江幡にたいして、常に距離を詰めて、首相撲からの肘を狙うサオトー。膝蹴りで距離をつめて肘、というコンビネーションで積極的に距離をつめていくサオトーの肘が江幡を捉える。

4R、3Rで押し込まれ気味だった江幡が、積極的に前に出て、強烈なキックやパンチでサオトーにプレッシャーをかけていくが、サオトーはガードを下げ、タイミングをみて的確に肘をいれていく。途中肘の打ち合いになるものの、やはりサオトーの方が肘では一枚上手の印象。

5R、膝から肘のペースを崩さずに、自分のペースで立ち回るサオトーにたいして、ローを返しながらチャンスをうかがう江幡。5Rの終盤にさしかかったところで、ワンツーからのフックでサオトーをロープにおいつめてパンチラッシュ。残り1分を切ってから、その流れをきらさずに、積極的にローからワンツーとせめたものの、倒しきれずに終了。

判定では審判3者とも48-48でドロー。サオトーの防衛が決まった。


次回興業は2019年12月8日
SOUL IN THE RING CLIMAX
詳細はコチラ
posted by 伊原道場 at 16:24| MAGNUM51

MAGNAM51 第7試合 セミファイナル 73Kg契約 3分3R 斗吾 VS イ・ジェウォン

日本ミドル級王者
斗吾(伊原道場本部)
VS
韓国キックボクシング協会ミドル級1位
イ・ジェウォン(韓国)

勝者 斗吾 TKO 2R2分49秒


74984688_714148342440378_8374496206344159232_n.jpg
73156436_1437470896431286_5196710832439820288_n.jpg

1R、ローキックの応酬からスタートした1R。ローを中心に組み立てていく、イにたいして、パンチを返していく斗吾という印象で1Rは終了。

2R、距離を詰めて、積極的に肘を狙っていく斗吾。距離を取ろうとするイにたいして、それを許さずにストレートからのフックで斗吾がダウンを奪う。

ダウンから立ち直ったイを逃さずに、ロープにおいつめてラッシュ! 首相撲からの膝、さらにパンチでロープに押し込んでからのミドル、怒涛のラッシュで斗吾が勝利をもぎ取った。


次回興業は2019年12月8日
SOUL IN THE RING CLIMAX
詳細はコチラ
posted by 伊原道場 at 16:17| MAGNUM51

MAGNAM51 第6試合 セミファイナル 61.5Kg契約 3分3R 高橋亨汰 VS 翔平

日本ライト級王者
高橋亨汰(伊原道場本部)
VS
ペットワット・ヤバチョウベース

勝者 高橋亨汰 TKO 3R0秒


72555140_1658083647659582_7015541985222066176_n.jpg
74602828_744311246032455_7938269563639037952_n.jpg

1R、開始早々、高橋のミドルがクリーンヒット。高橋のハイにたいして、ヤバチョーはカウンターをあわせていくものの、フロント、ハイとプレッシャーをかけながらも、着実にミドルキックを決めていく高橋。

2R、右のジャブから左のキックに繋ぐコンビネーションで、高橋が攻める。終盤は左ミドルの連打! ヤバチョーの右腕が真っ赤になり上がらなくなったところで2R終了。

3R、開始と同時に青コーナーからタオルが投入され、3R0秒で高橋のTKO勝ち。


次回興業は2019年12月8日
SOUL IN THE RING CLIMAX
詳細はコチラ
posted by 伊原道場 at 16:14| MAGNUM51

MAGNAM51 第5試合 バンタム級 3分3R 泰史 VS Mr.ハガ

前日本フライ級王者
泰史(伊原道場本部)
VS
WMCバンタム級3位
Mr.ハガ(ONE'S GOAL)

勝者 泰史 判定 3-0


74441660_1388249964665334_4884847858303369216_n.jpg
72649419_2237636263006887_333933608479752192_n.jpg

1R、静かな立ち上がり、キックの打ち合いを中心として両者様子見といった感じで、大きな変化もなく終了。

2R、泰史が前足へのローで、Mr.ハガの動きを奪っていく。Mr.ハガも負けじと蹴りで対抗するが、2R終了間際に泰史が猛烈なラッシュ!

3R、泰史のペースで試合は進み、終了10秒前に綺麗なボディを決め、赤コーナーにMr.ハガを押し込んでのラッシュ。倒しきれずに判定へ。
判定中Mr.ハガは腕立てやスクワットで健在をアピールするものの、結果3-0で泰史の勝利となった。


次回興業は2019年12月8日
SOUL IN THE RING CLIMAX
詳細はコチラ
posted by 伊原道場 at 16:10| MAGNUM51

MAGNAM51 第4試合 63Kg契約 3分3R ※ヒジ打ちなし 渡邊涼介 VS 風来坊

日本ライト級3位
渡邊涼介(伊原道場新潟支部)
VS
風来坊

勝者 風来坊 判定



74815212_1165788157144539_2484882208460898304_n.jpg

1R、とにかくアグレッシブに前にでる風来坊にたいして、冷静に対応していく渡邊。風来坊が攻め続けるが、決定打のないまま1R終了。

2R、渡邊も攻勢をかけていき、両者アグレッシブな打ち合いとなるが、お互いにダウンを奪えないまま終了。

3R、ローから対角線へのストレートなど、ベーシックセオリーをしっかりと守りながら、的確に当てていく渡邊。しかしながら、3Rも両者ダウンは奪えず判定に。常にアグレッシブに攻め、手数の多かった風来坊が勝利を得た。


次回興業は2019年12月8日
SOUL IN THE RING CLIMAX
詳細はコチラ
posted by 伊原道場 at 16:05| MAGNUM51

MAGNAM51 第3試合 57.5Kg契約 3分3R 瀬川琉 VS 新田宗一郎

瀬川琉(伊原道場稲城支部)
VS
新田宗一郎(クロスポイント吉祥寺)

ドロー


74230433_2199568087010531_593375755149246464_n.jpg

1R、サウスポーに構え、ロー主体で攻める瀬川に対して、ハイやミドルなど派手な技を繰り出していく新田。双方ともに、まだまだ様子見といった感じで、有効打がないままに終了。

2R、飛び膝やバックハンドブローなど相変わらず大技を繰り出す新田にたいして、隙を見つけ、的確にカウンターを返していく瀬川。1Rとはうってかわって積極的な打ち合いとなった。

3R、大技が多かったせいか、3Rに入り若干疲れが見えてきた新田にたいして、瀬川は積極的に動くものの、決定打が入らないまま判定へ、両者ドロー。


次回興業は2019年12月8日
SOUL IN THE RING CLIMAX
詳細はコチラ
posted by 伊原道場 at 16:02| MAGNUM51