2015年02月05日

因縁の対決の歴史

2010年の夏 7月25日後楽園ホールで当時まだ泰国ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフライ級10位の頃のフォンペート・チューワッタナ(泰国)と睦は初めて対戦した。その時は睦の方が明らかに勢いがあり、しっかりと見える形で優って判定3-0(※ジャッジ=30-27、30-27、30-27)勝利していた。

2010年7月25日撮影
http://www.iharadojo.com/archive/detail_20100725/index.html

それから約3年後2013.9.16後楽園ホールで両者はラジャのベルトをかけて再戦することになった。まさかフォンペートがあそこまで成長していたとは誰も思ってもいなかった。そして、ムエタイルールで判定に持ち込むと非常に勝利が難しいということも。

2013年9月16日撮影
http://ameblo.jp/skb-blog/entry-11615786873.html

そしてさらに1年がたち、お互いの立場はラジャ王者対WKBA王者として3度目の再戦となった!フォンペートは前回にも増して試合運びが上手くなっており、打たれ強くもなっていた。そんな鉄壁を睦は最後まで集中力を削ぐことなく攻め続け、文句なしの判定勝ちを収めた!

2014年9月13日撮影
http://ameblo.jp/skb-blog/entry-11924524681.html

これで遂に2勝1敗で睦が最強といえるのだが、立ち技最高峰と言われているラジャのベルトを巻くまでは睦も納得がいかない。そこで来月3月15日に因縁の対決が行われることになる!

皆さん応援宜しくお願い致します!!

チケット等のお問合わせはこちら

550MAGNUM37_pos_1.jpg










posted by 伊原道場 at 09:45| 最近の伊原道場2015