2006年10月27日

MAGNUM12の王座決定戦

1R、小原選手(以降選手省略ご了承下さい。)の無駄なところに力が入らないスルリとした攻撃に菊地は倒しにかかる。ローキック、前蹴り、カウンターと菊地に思うように攻撃させない小原がいた。特に小原のカウンターは菊地のローが出る前に芽を摘むような攻撃をしているように思えた。しかし、後半は菊地の右左とちくちくとしたロー(写真1)を目にし始めたところで終了。

kikuti102206.jpg
写真1


2R、両者はお互いの出方を見る。菊地のローを警戒してだろうか間を前後して封じたり、前蹴り、カウンターをする小原。しかし、小原もローが得意な選手だ、随所に光る。一方、菊地はワンツーで相手の頭を揺すなどロー以外の基本的な攻撃する場面も。(写真2)菊地は相手にローをさせ「皮を切らせて骨を絶つ」ようなローを出すなどきわどい攻撃をする。(写真3)

2kikuti102206.jpg
↑写真2
3kikuti102206.jpg
↑写真3


3R、先ほどとは一変して菊地のローが連発される。(写真4)小原も同じローで応える。両者勝負に出始めたのだろう。お互い得意のキックが武器なためなかなかクリーンヒットはさせない。菊地はローを中心にパンチでも攻撃する。(写真5)しかし、決定打なく終了。

4kikuti102206.jpg
↑写真4
5kikuti102206.jpg
↑写真5


4R、小原のキックに勢いが増した。ローだけでなくミドルも加えた重そうなキックだ。しかし、菊地に大きなダメージはない。逆に冷静に正確なローやワンツーを加えて行く。(写真5,6)それにより小原の勢いが若干落ち攻撃の糸口を探るような感じがした。一方、菊地には表には見えない沸々とそして岩のような硬い意思が攻撃に感じられた。

7kikuti102206.jpg
↑写真5
6kikuti102206.jpg
↑写真6


5R、ファイナルなため、この対戦で最も勢いのある攻撃をする両者。しかし、混戦は続き組合が多くなる。そんな中、菊地のあるローから展開が少し変わる。(写真7)これによりバランスを崩す小原は前蹴りで菊地の勢いを退けるものの、隙入られ菊地の右フックが入る場面も。(写真8)両者ラストスパートをかけるが混戦の中終了。

8kikuti102206.jpg
↑写真7
9kikuti102206.jpg
↑写真8


一見しただけでは分からなかったが、菊地のちくちくとしたローキックやリスクを負ったきわどい攻撃が勝敗を分けたように思える。随分と菊地の攻撃が研究されてきたと思われる中で持ち味を活かして王者となったことは尊敬に値する。

まず、応援して下さった方、関係者の方本当にありがとうございました。そして菊地選手本当におめでとう!!
posted by 伊原道場 at 10:07| 試合結果2006