2019年10月23日

MAGNAM51 第9試合 スペシャルメインイベント ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級タイトルマッチ 5分5R サオトー・シットシェフブンタム VS 江幡睦

ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者
サオトー・シットシェフブンタム(泰国)
VS
ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級7位/WKBA世界バンタム級王者
江幡睦

ドロー 48-48 サオトー防衛


73098388_2407636129487490_2022422798865006592_n.jpg
75279197_2145723022388292_7879895709636362240_n.jpg
74881531_551970688888102_7416402054735724544_n.jpg
72763284_396390447953081_2401080241100423168_n.jpg
74670747_410871899577883_4688569768431583232_n.jpg
72956511_600293897378181_8389702701264404480_n.jpg
72644584_498817657374495_8938695797680111616_n.jpg

1R、江幡がローキックを中心に攻める。一方サオトーは様子見といった感じ。江幡のボディからのコンビネーションがさえわたり、2度サオトーをロープにおいつめたところで、1R終了。

2R、フロントキックの相打ちからスタート、強烈なキックの応酬となり、サオトーのハイキックが江幡を襲う。一方、江幡は1R同様にローキックと、コンビネーションパンチで押し込もうとするものの、サオトーは距離をつめての肘を狙うという展開で2R終了。

3R、距離をとってローやミドルを狙う江幡にたいして、常に距離を詰めて、首相撲からの肘を狙うサオトー。膝蹴りで距離をつめて肘、というコンビネーションで積極的に距離をつめていくサオトーの肘が江幡を捉える。

4R、3Rで押し込まれ気味だった江幡が、積極的に前に出て、強烈なキックやパンチでサオトーにプレッシャーをかけていくが、サオトーはガードを下げ、タイミングをみて的確に肘をいれていく。途中肘の打ち合いになるものの、やはりサオトーの方が肘では一枚上手の印象。

5R、膝から肘のペースを崩さずに、自分のペースで立ち回るサオトーにたいして、ローを返しながらチャンスをうかがう江幡。5Rの終盤にさしかかったところで、ワンツーからのフックでサオトーをロープにおいつめてパンチラッシュ。残り1分を切ってから、その流れをきらさずに、積極的にローからワンツーとせめたものの、倒しきれずに終了。

判定では審判3者とも48-48でドロー。サオトーの防衛が決まった。


次回興業は2019年12月8日
SOUL IN THE RING CLIMAX
詳細はコチラ
posted by 伊原道場 at 16:24| MAGNUM51