2007年03月02日

MAGNUM13の見所

今月、伊原道場主催興行MAGNUM13が3月11日に開催される。今回は伊原道場の精鋭6人が出場だ。もうすでにチケットをご購入されたお客さんはさぞかし楽しみにしているのではなかろうか。

今回は2タイトルマッチを含む、実に見応え十分な戦いが行われるが、どれも甲乙付けがたい試合ばかりだ。一体どんなドラマが待ち受けているだろうか!?

【3分5R】第14試合 メインイベント 日本ヘビー級タイトルマッチ
内田ノボル(ビクトリー) VS    嚴士鎔
日本ヘビー級王者          日本ヘビー級2位
パンチ見所
MAGNUM12で惜しくも王者と引き分けた嚴だが着実に腕を上げてきていることが分かる試合内容だった。今回はさらに鍛錬しパワーアップした嚴が見れるか、それとも王者が本気になって襲い掛かってくるのか、ハラハラどきどきの一戦だ。嚴はここまで一歩一歩かみしめるように必要なアイテムを拾いながらやってきた。その獲得したアイテムを信じて我々も応援したいものだ。 


【3分5R】第13試合 メインイベント 日本バンタム級タイトルマッチ
深津飛成     VS    木暮智(ビクトリー)
日本バンタム級王者     日本バンタム級3位
パンチ見所
最近少し元気のない深津だが、ここぞという時の彼は想像を絶する戦いをする。今までの反動が今回大爆発する可能性は大いにあるため、彼を見守って来たファンは今か今かと彼の無骨で危険なまでの戦いを待ち望んでいることだろう。格闘メッセンジャーは今回、何を伝えるだろうか?実に楽しみな戦いである。


【3分3R】第11試合 セミファイナル 日・泰フェザー級国際戦
菊地剛介      VS  チョンブートン・ゲニワット(泰国)
日本フェザー級王者     元ラジャ認定バンタム級王者
パンチ見所
戦い方に安定感のあるフェザー級王者菊地剛介であるが、対戦相手が日本人ファイターとは全く異なるムエタイ強豪選手なだけにどんな戦い方をするか、興味ある人がかなり多いことだろう。彼はいつも強いタイ人を意識して「倒す!!」ということを念頭に置いている。とうとう今回それを実行する日がやって来た。


【3分3R】第9試合 セミファイナル 日本フライ級
建石智成(尚武会)   VS   池田茂由
日本フライ級王者       日本フライ級6位
池田は最近若干悔しい試合を経験してきた。それだけに彼は同じ過ちを繰り返さないよう克服してきたと思われる。さらにもともとすばらしいパンチの持ち主だ。今までの鬱憤が王者に向けて炸裂するかもしれない。彼本来の戦いを早く見たいファンも多いであろう。


【3分3R】第8試合 日本ライト級
石原裕基    VS    マサル(トーエル)
日本ライト級4位      日本ライト級2位
パンチ見所
先日の石井王者戦でかなり悔しい表情を見せた石原。かなり負けず嫌いの彼は強い相手ほど燃える習性がある。今回、日本ライト級2位のマサル選手に血相を変えて望むことは間違いないだろう。そして、めきめきと力をつけて来ていることを証明してくれるはずだ。


【3分3R】第6試合 日本ミドル級
山崎銀次郎(宇都宮尾田   VS   喜多村誠
日本ミドル級2位
パンチ見所
喜多村は現在無敗を誇る若手ファイターだ。お相手はかなりの兵、日本ミドル級2位山崎選手であるため、本人は願ってもないチャンスと思っていることだろう。誰もがこのまま突き進んで欲しいと願っている。


さあ、皆さん伊原道場生の熱い戦いを是非ご覧下さい!!

posted by 伊原道場 at 20:11| その他