2010年03月26日

第一弾ヒーローインタビュー江幡睦

30710f.jpg
写真提供:木川

2010年3月7日後楽園ホールで新たなチャンピオンが誕生した!!若干19歳。おめでたいこの誕生を皆さんでかみ締めましょう!!

Q今の率直な感想お聞かせ下さい。
本当にうれしいです。伊原会長も僕と同じぐらいの時に
チャンピオンになっていましたので。
あとは弟の塁がチャンピオンになればうれしいです。

Qキックやって何年ですか?
13歳のころからです。
極真空手は小学校4年だから9歳ぐらいですかね。

IMG_5545.JPG

Qいつぐらいから夢見てたんですか?
東京にきて伊原道場きてからです。
17歳ぐらいのときです。高校を2年でやめて
きました。

Qそれはすごい決意でしたね?
今しかないと思ったんです。

Qえっ!?でもあと一年で卒業できたじゃないですか?
いや、その一年がもったいないって思ったんです。
その一年を無駄にしたくなかったんです。

Qすごいなぁ〜。その感覚。しかし今回の試合はびっくりしましたよ。1Rからして。
すごく集中していました。全体的に。始め緊張していたんですけどリングで名前呼ばれたらすごく落ち着いていました。もういくぞって。

30710d.jpg
写真提供:木川

Q本当に落ちついていましたね。全く年齢を感じさせない落ち着きようでしたよ。私は睦選手経験ないから始めがんばりすぎて後半ばてばてになるのが怖かったですけど終始落ち着いていましたよね。本当にびっくりしました。
自分でもびっくりしました。見える見えるって思ったんです。

Q見える見えるって?
相手のけりやパンチの攻撃が見えたんです。

Q確かにそう思いました。しかも睦選手のパンチ伸びるしね〜。
いや〜でも相手もさすがチャンピオンで倒れなかったですね。

Qレオン選手が復活してきたらまた楽しみですね?
はい。

30710c.jpg
写真提供:木川

Q19歳でチャンピオンになったわけですけどなんでがんばっているんですか?
ただ、キックがしたいんです。好きなんです。
でもちょっと遊べないのがたまに傷なんですけど

Q何して遊びたいの?
土浦の友達と遊ぶのがうれしいんです。
30人ぐらい集まってくれるんです。

Q試合の時も沢山きてくださってましたね。
本当にうれしかったです。白いテープ投げてくれて。

30710a.jpg
写真提供:木川



posted by 伊原道場 at 13:35| インタビュー