2010年11月26日

月刊経営塾フォーラムに掲載

先日の会長の映像投稿により「やはりそうだったのか!!」とか「あれは自作自演だ!!」とか「逮捕しないでほしい!」とか「ヒジが勉強になった!」とか「あの白い粉は小麦粉なんかじゃない!」とか「ワンツーのきれが違う!!」とか「あの金はどこにいった!?」とか「若い!!」とか「実物はあんなにやさしくない!」などと動揺が隠せない意見が殺到したかもしれないので改めていうが、あれはしっかりとよーく見ると作り物の映像なのでくれぐれも実映像と間違わないで頂きたい。

IMG_6686a.jpg

さて、誤解もあるかもしれませんので今日は伊原会長が経営塾フォーラムというインテリジェンスな月刊雑誌に紹介されたので掲載したいと思います。経済評論家の針木康雄氏がじきじきに筆をとって下さり伊原会長についての所感を2ページに渡って紹介してくださいました。(針木康雄氏:上記写真の発行者でもありBOSS(ボス)という月刊雑誌の発行元である株式会社経営塾の代表)

針木氏は新日本キックボクシング協会を「大相撲のような組織」と形容していました。そして礼儀作法を重んじる団体でもあり、女性ファンが興行に沢山来ていることも目に映ったようです。最近の草食系男子が多い中、世の女性人は物足りないという意味でキックはたくましい存在ではないでしょうか。そして針木氏はキックは礼儀を重んじる真剣勝負なのだからもっと世間に認知されメジャーなものになっておほしいと期待していました。

posted by 伊原道場 at 11:15| その他