2011年10月27日

喜多村誠 インタビュー第2弾

喜多村誠 インタビュー第1弾はこちら

_DSC0183.JPG

Q.昔よく後藤さんと練習していたけどあの時の影響はあるでしょう?

そうですね。よくお世話になっていました。やっぱりこのジムに来て後藤さんと
ずっとスパやっていたからここまで強くなって、今は斗吾も強くなったし、一緒に出来たことはでかかったですね。後藤さん独特の技、あのローキックなんか俺もやられましから。半端ないですからあれ。後藤さん初めみたときあっK1の後藤龍二だって思いましたね。それからちょくちょく面倒見てもらっておかげさまで少しは恩返しできたと思っています。

Q.後藤さん本当に面倒見いいですもんね。
さて、下には斗吾君が控えていますが。


そうですね。アイツなら僕が退いてもチャンピオンになれるでしょう。若いですしね。
世代交代ってのもありますが周りの環境次第でまだまだ自分もやりたいです。今年31歳ですが体力的に衰えているとも思わないですしね。


Q.最近喜多村君に全然道場で見なかったですよね。

そうですね、仕事で夜遅いんで。練習量が前の1/3や1/4になっているから短い時間でどれだけできるかって。集中して。前は週6朝走って夜練習してましたが今はできていません・・・。自分はもともと短期集中型だったんで。長くだらだらやるより。でも今は時間がないからしょうがないですが、やるんだったら睡眠時間削らないと出来ない状態です。

_DSC0041.JPG

Q.喜多村君の試合にはいつも沢山の仲間がいますよね。

今回も、小学校、中学校の頃から一緒だった仲間や沢山の方が来てくれて本当に助かりましたね。皆がTシャツ作ってくれて。。。ありがたかったです。試合が終わってみんなと飲食するときが最高です。自分酒はそんな強くないです。肉は好きです。みんなと盛り上がって飲むのが好きですね。

あと嫁さんがいつも支えてくれて本当にありがたいです。一番近くで。本当は危ない競技だから嫌だろうけど・・・・。

あと会長は本当に選手思いで、こうやって何度もチャンスをくれたのも会長ですから。会長のおかげです。会長正直厳しいですがでも本当に思ってくれているから言ってくれるんです。もし、思ってもいない選手には言わないですよ。だから言われるうちがいいんです。

_DSC0278.JPG

Q.最後にファンのみなさんに。

本当に毎回毎回来てくれてありがたいです。けして安くないチケットを。
あいつらがいるからうちもがんばれるんですよね。誰も応援してくれなかったらはっきり言ってやっていないと思います。後ろから支えてくれているからできるんです。一番近くに嫁さん。家族。その周りに仲間やお客さんや沢山の人の助けがあってできるんです。


所感:忙しい最中、時間をしっかり作ってくれた喜多村君はインタビュー後、他道場生が帰っても一人もくもくと練習していた。「キックは自分のため」ときっぱり言い切れるからこそできることなのだろう。また、一言一言ぶっきらぼうではあるが九州男児らしい男気があるから皆が慕って周りにいつも熱い仲間がいるということがよく分かった。また一見強面で言葉も多少荒い彼だが、仲間や人を大事に思いやり、感謝の気持ちがあることもそうさせているのだろう。まだまだ彼のアグレッシブな戦いが見たい。みんながそう思っていることだろう。

aIMG_3727.JPG


おまけ写真:最近、武空術をマスターしはじめた喜多村か!?

aIMG_3811.JPG

武空術からのヒザ!?

aIMG_3815.JPG
posted by 伊原道場 at 08:45| インタビュー