2006年06月30日

原点を忘れている

先日、伊原会長と少しお話しをする機会があった。それはワールドカップの日本対ブラジル戦で日本が敗退をした次の日。テレビではワールドカップを会長と見ながら私はなぜ日本はあと一歩のところで勝てないのか悔しさのあまり会長に伺ってみた。

伊原会長曰く、
「サッカーをするという原点を忘れているからだろう!!」

私は漠然としてその意図が分からなかったが会長は続けて言った。
「走るということだよな」

次期監督オシム氏や日本代表の中田英も同じことを言っていた。沢山のサッカー解説者や評論家のいろいろな反省の言葉より英の一言が強烈に突き刺さった。

以前にも書いたが会長は常日頃から道場生に基本の重要性を訴えている。

それらはキックやサッカーに留まらず全てのことに当てはまることなのだろう。何かに向かって進んでいる時につまずいたり、悩んだりした時、「原点」を常に見つめ直すことを忘れないようにしたい。

posted by 伊原道場 at 01:30| 伊原信一の言葉